台湾・台北に関するトピックス

【青山豆漿店】ノスタルジーな雰囲気でローカルな朝食を。

更新日:2016.08.08 by 妄想Trip編集部
【青山豆漿店】ノスタルジーな雰囲気でローカルな朝食を。 その1のイメージ

台湾の伝統的な朝ごはん"豆漿"

台湾の朝食としてポピュラーな、"豆漿"。日本の豆乳と似たようなものですね。

今回は、そんな豆漿が食べれるローカル店「青島豆漿店(チンダオドウジャンディェン)」をご紹介します!

*

青い屋根と白い外壁のコントラストが印象的な観光スポット「中正紀念堂」の近くにあるこちらのお店。東門駅2番出口から徒歩7分くらいです。

外観はこんなにローカルな雰囲気!扉はなく、オープンなかんじです。

*

*

大きなメニューもかかってますが、席につくと日本語のメニューも出してくれます。おじさんもおばさんもみんなとってもフレンドリー!

*

*

おすすめだという"韮菜盒"と"鹹豆漿"を注文。

*

"鹹豆漿"(シェンドウジャン)

*

日本語メニューにカライ豆乳って書いてあるけど、辛くはなくて、恐らく塩味っていう意味だと推測。

*

奥の深いスープとやさしい豆漿がマッチしてて朝にはぴったり。中には揚げパンも入って、なかなかのボリューム感。

食べてる途中、シンプルさに飽きちゃったら、テーブルにあるお醤油やお酢で好きなかんじに調整可能!

*

"韮菜盒"(ジュウツァイハー)

*

日本語メニューにはやさいまんじゅうと記載がありますが・・・

まんじゅうっていうよりパン?みたいな形。割ってみると・・・

*

ニラや春雨や豆腐がぎっしり〜。このままでもいけるし、酢醤油なんかをつけて食べてもいいし、鹹豆漿といっしょに食べてももちろんGood。

*

*

意外に大きくてどうやって食べるかちょっと戸惑います。

やさしいけど結構な量でお腹いっぱい!これで60元(約200円くらい)なんて。。。

ぜひ行ってみてくださいね♪

*

早朝からやってますが、11:30には閉まってしまうのでお気をつけください!

▼住所:台北市杭州南路一段139-3号
▼電話番号:02-2393-4958
▼営業時間:5:30-11:30
▼定休日:第2・第4日曜日

この記事が面白かったら「いいね!」お願いします。

facebookで最新の記事をお届けします。

この記事を書いた人

妄想Trip編集部
皆さんの行ってみたいところはどこだろう??facebook、twitterもよろしくお願いします。

旅に役立つTopics

妄想Tripについて

Mytrip

妄想Tripでは、「妄想して、検証して、旅に出る」をキーワードに、旅に出る前のワクワクや、詳しい人からのアドバイス、実際に行って見たら○○だった!なんて旅行記を掲載しています。その他、旅に役立つTipsや各地域のトピックスも随時更新中です。

TOPに戻る