韓国・ソウルに関するトピックス

プリペイド or レンタル?韓国でWi-Fiをスマートに使うために。

更新日:2015.01.15 by 妄想Trip編集部
プリペイド or レンタル?韓国でWi-Fiをスマートに使うために。 その1のイメージ

地図アプリで道順や場所を検索したり、美味しいお店を探したり...今や、スマホを使わない旅行は考えられないほどですよね。そこで、気になるのが旅先でのネットやWi-Fi事情。ここでは、韓国を旅行する際のWi-Fi事情についてまとめてみました。

韓国のフリーWi-Fi

韓国では、韓国の携帯会社と契約している場合に使えるフリーのWi-Fiスポットは、公共交通機関や街中などで数多くありますが、誰でも使える完全にフリーのWi-Fiを使える場所はかなり限られています。フリーのWi-Fiが使える主な場所は、空港やホテル、一部のカフェなどです。

ホテルでは、フリーWi-Fiであってもパスワードの入力が必要な場合がありますので、フロントでたずねてみてください。空港でのフリーWi-Fiは、接続設定をすれば繋がりますが、場所によっては繋がりにくいことがあります。そのような場合はインターネットラウンジを利用するとよいでしょう。

Wi-Fiプリペイドを使う

韓国の大手通信会社KTの「olleh(オッレ) Wi-Fiプリペイド」を購入すれば、街中にあるolleh Wi-FiスポットでWi-Fiを使うことができます。料金は、1時間分で1,100ウォン(約110円)、1日分で3,300ウォン(約330円)です。

購入方法は、コンビニで料金を支払い、そのレシートに記載されているパスワードを入力するだけです。料金が安く手軽に使えるのが魅力ですが、セキュリティで保護されていない、他に強力なWi-Fiがある場合など繋がりにくかったり切れやすかったりする、などのデメリットがあります。

Wi-Fiルーターをレンタルする

Wi-Fiスポットだけではなく、どこでも自由にWi-Fiを使いたい場合は、Wi-Fiルーターのレンタルをおすすめします。日本でも海外旅行向けのWi-Fiルーターレンタルがありますが、韓国で借りる方が1日につき100円ほど安いようです。

韓国で借りる場合、空港のollehサービスカウンターで手続をします。必要なものは、パスポートとクレジットカードです。イベントなどが重なった場合、在庫切れのことがありますので、日本からインターネットで予約しておくとよいでしょう。予約品場合は、予約確認票もお忘れなく。

Wi-Fiルーターをレンタルしておけば、Wi-Fiスポットを気にすることなくどこでもWi-Fiを使うことができます。ただし、ルーターの充電が連続使用だと6~7時間程度しか持たないので、充電ができない場所で使うことが多い場合は注意してください。

プリペイドSIMカードを使う

SIMフリーのスマホや携帯を用意できる方は、韓国でプリペイドSIMカードをレンタルして使うこともできます。レンタルできる場所は、空港内のKTカウンター、またはKTの明洞本店です。

料金は、前払いのデータ通信料(使用量制限、スピード制限など無し)が5日間以内で29,000ウォン(約2,900円)、10日間以内で39,000ウォン(約3,900円)、30日間以内で59,000ウォン(約5,900円)です。通話料については、レンタル返却時に使用分を支払います。

SIMフリーの機種を持っているかSIMロックを解除できる方で、長期間韓国を旅行する方は、プリペイドSIMカードのレンタルが一番便利でお得でしょう。しかし、手続を始めてからSIMフリー機種でないために使うことができなかった場合は、機種テスト代金として20,000ウォン(約2,000円)かかりますので気をつけてください。

旅行の期間やWi-Fiの使用頻度などに合わせて、ご自分に最適な方法を選んでくださいね。

この記事が面白かったら「いいね!」お願いします。

facebookで最新の記事をお届けします。

この記事を書いた人

妄想Trip編集部
皆さんの行ってみたいところはどこだろう??facebook、twitterもよろしくお願いします。

ソウルの他のトピックス

旅に役立つTopics

妄想Tripについて

Mytrip

妄想Tripでは、「妄想して、検証して、旅に出る」をキーワードに、旅に出る前のワクワクや、詳しい人からのアドバイス、実際に行って見たら○○だった!なんて旅行記を掲載しています。その他、旅に役立つTipsや各地域のトピックスも随時更新中です。

TOPに戻る