タイ・サムイ島に関するトピックス

このホース?シャワー?何に使うの?タイのトイレ事情

更新日:2014.12.22 by 妄想Trip編集部
このホース?シャワー?何に使うの?タイのトイレ事情 その1のイメージ Photo by:m-s-y

「海外旅行で困った出来事ランキング」の上位に、常に位置している「トイレ」。世界でも快適なことで有名な日本のトイレに慣れている私達にとって、他の国のトイレに馴染めないのは仕方がないことかもしれません。でも、旅行先ではトイレの問題を避けることはできませんよね。こちらでは、いざという時にあわてずにすむように、タイのトイレ事情をまとめてみました。

タイ式のトイレについて

タイ語で「トイレ」は、「ホーンナーム」と言いますが、タイの伝統的なトイレには、トイレットペーパーは備え付けられていません。代わりに水を入れた手桶が置かれていて、用を足した後は左手でその水を使って洗います。そして、手桶に残った水でトイレを流し、新しい水を次の人のために入れておくことになっています。

このような使い方がわかっていたとしても、いきなりこの方法を実践できる人は少ないと思いますので、タイでトイレに行く時には、トイレットペーパーかティッシュを持って入るようにしましょう。

また、このタイプのトイレは、下水管が細く詰まりやすいので、使用後のティッシュは流さずにゴミ箱に捨てます。トイレットペーパーや水に溶けるティッシュであれば、少しであれば流せるかもしれませんが、くれぐれも詰まらないように注意してください。ちなみに、しゃがむポジションは日本とは反対で、下水管の穴の上におしりがくる方向です。

タイの西洋式トイレ

ショッピングセンターやホテルなど、新しくて観光客が多い施設には、トイレットペーパーが設置されている普通の洋式トイレがあります。しかし、タイ式トイレを好む人のために、洗浄用のシャワーもあわせて設置されていることがほとんどです。

シャワーでお尻を洗った人の後に入ると、便座が濡れていることがありますので、座る前には気をつけましょう。また、便座に座らずその上でしゃがんで使う人がいるので、時々便座に足跡がついていることがあります。そのような事態に対処するために、便座クリーナーなどを持っていると安心です。

タイで、日本のように快適なトイレを望むことは少しむずかしいかもしれませんが、トイレ事情もその国の文化の一つ。トイレも含めて、「タイ」という国を楽しんでくださいね。

画像引用元: Flickr

この記事が面白かったら「いいね!」お願いします。

facebookで最新の記事をお届けします。

この記事を書いた人

妄想Trip編集部
皆さんの行ってみたいところはどこだろう??facebook、twitterもよろしくお願いします。

旅に役立つTopics

妄想Tripについて

Mytrip

妄想Tripでは、「妄想して、検証して、旅に出る」をキーワードに、旅に出る前のワクワクや、詳しい人からのアドバイス、実際に行って見たら○○だった!なんて旅行記を掲載しています。その他、旅に役立つTipsや各地域のトピックスも随時更新中です。

TOPに戻る