ロンドン到着!広々タクシーでベビーカー移動も楽ちーん!

「子連れで海外旅行!2歳でも楽しめるのんびりロンドン!」1日目 [投稿日: 2015.08.31]

ロンドン到着!広々タクシーでベビーカー移動も楽ちーん!のイメージ

ロンドンは、仕事と個人旅行合わせて、実は今回で5回目。
子連れで海外旅行、初めての場所にロンドンを選んだのは、、、"近い"から!なのです。

わたしが今住んでいるのは、アメリカ・メリーランド州。
最寄りの空港は、ワシントンD.C.のダレス・インターナショナル空港です。
子連れだとトランジットがあるのはちょっと大変、フライトが長過ぎるのも大変。
でも大好きなヨーロッパに行きたい!ということで、DCから直行7時間で行けるロンドンに決めたのでした!

*

フライトはBritish Airways、出発時間は夜の22:45。
20時過ぎにダレス・インターナショナル空港に到着しましたが、人も少なめ、ショップもほとんど閉まっていました。
閑散とした空港で、ここぞとばかりに走り回っていた娘でした。笑

British Airwaysでさっそくイギリスらしい"おもてなし"が・・・

*

遅い時間のフライトを選んだのは、飛行機の中で娘に寝てもらうため。
登場時間ギリギリまで空港内で走り回らせたので、機内食を食べたらすぐに眠くなったようです。
お気に入りのBaby Bearを抱っこした娘を抱っこして、わたしもウトウト・・・。

しばらくして、ちょっと機体が揺れて、シートベルト着用のサインが点灯。
娘を抱っこしている上からベルトをしているので、これでOK、と引き続き眠っていたのに・・・。

トントン、と肩を叩かれて、CAさんに起こされて言われたのが、

「子どもを座席に座らせてシートベルトをさせてください」

え!2歳の子ども、しかも熟睡してるのに!?

かなり驚きましたが、これで娘を起こして座らせたら、火がついたように泣きわめくのは目に見えています。

「彼女は寝ているし、これで起こしたらどんな悪夢が起きるか想像できます? 絶対ムリ!不可能です!
わたしは彼女を抱いている上からシートベルトしているから、安全上は問題ないはず!」

と食い下がりました。

チーフに確認する、と言っていったん離れた彼女、再び戻ってきて、

「規則ですから、座らせてベルトを締めてください」

と・・・。涙

日本の航空会社だと、子どもを抱っこしていても、上からシートベルトをしていれば何も言われないのですが、そこは、イギリスの航空会社。

どんな言い方をしても、規則です、の一点張り。

結局、起こさないようにそーっと娘を座席に座らせたら、その瞬間、シートベルト着用サインが消えたという・・・。

件のCAさんは、さすがに申し訳なさそうに謝って立ち去り、わたしは再び娘を抱っこしたのでした。

ロンドンに着く前から、早くもイギリス流の"おもてなし"を受けた気分。
いったいどんな旅になるのやら、、、。

1/3

この記事が面白かったら「いいね!」お願いします。

facebookで最新の記事をお届けします。

この記事を書いた人

Amber
アメリカ在住。ヨーロッパ、特にドイツ大好き。TVディレクターだった頃、ロケでもオフでもよく海外に行っていました。これからは2歳の娘との子連れ海外旅行に挑戦します!

子連れで海外旅行!2歳でも楽しめるのんびりロンドン!

Amber

旅に役立つTopics

妄想Tripについて

Mytrip

妄想Tripでは、「妄想して、検証して、旅に出る」をキーワードに、旅に出る前のワクワクや、詳しい人からのアドバイス、実際に行って見たら○○だった!なんて旅行記を掲載しています。その他、旅に役立つTipsや各地域のトピックスも随時更新中です。

TOPに戻る