香港の夜景ツアーに参加してみた!

中国・香港の旅の結果:[更新日: 2015.05.14]

香港の夜景ツアーに参加してみた!のイメージ

世界三大夜景のひとつ、香港の夜景を堪能するにはやっぱりツアーが手っ取り早くていいでしょ!ってことで。今回は「香港ナビ」から予約してみました。

これならオープントップバスの2階席が確約なんだって!
→詳細はこちら

まずは"オープントップバス"

オープントップバスは名前の通り、2階建てで2階席がオープンエアーになってるバスのこと!

最近東京でもパーティ用のロンドンバスを見かけることも多くなってきたけど、こういう観光用のバスって実は昔からちょっと憧れてたの!...地味に嬉しい。

集合場所へ行くとすでに何人かの観光客が!やっぱり人気なんだねぇ。ツアーのコンダクターさんは日本語ペラペラでかなりの安心感。

さっそくバスへ乗り込む!!!

ほぼ満員御礼の大盛況。全員が席につくと...さっそく出発。そして変なおじさん、じゃなかった。ガイドさん登場。

nightview_1

自己紹介から始まり、香港の歴史や通る場所の説明を次から次へと。チョット、カタコトなニホンゴ。

いきなりマシンガントーク。しかもマイクの音量が結構大きくて...若干の耳障り感アリ(笑)疲れてたわたしは少しイラついちゃったよ...ごめんね、おじさん。おつかれさま。

見どころな香港の看板ビュー

このツアーの見どころでもある、香港といえば!な「看板ビュー」。ツアーではいいかんじのスポットでちゃんとバスを停めて撮影時間を設けてくれるのもイイ。

しかしここで問題発生。

思ったより電飾のパワー足りなくない?!てか、あんまり電気ついてないじゃーん!!(笑)

nightview_3

日曜だからなのか、省エネなのか、なんなのか。。。それでもおじさんは気にせず話し続ける。。。

nightview_4

もう少しギンギラギンなド派手なのを想像してたからイメージと違ってちょっとショック...だけどまぁ雰囲気は味わえたのでよしとしよう。というか、するしかない。気持ち切り替えてこう。

でも、街を見下ろしながらのドライブは、なんだか爽快で心地いいかんじ〜。後半はおじさんの話は無視して街を行き交うひとたちの人間観察に没頭しましたとさ。観光っぽくていいでしょ。

nightview_2

つぎはトラムで高みを目指しちゃうのだ

オープントップバスでの観光が終わると、ここからツアーは目的別に分かれる仕組み。わたしはビクトリア・ピークでの夜景コースだったので、ふつうのバスに乗り換えて移動!!

15分程度の移動時間にはコンダクターさんからの説明などなど。でも、早朝から動いてたわたしはいつの間にか寝落ち。爆睡。あっという間にピークトラム駅。ちょっと仮眠とれてスッキリ!(笑)

雰囲気は、江ノ電とか箱根のロープウェーみたいなローカルな電車なイメージ。

nightview_5

nightview_6

電車が動き出すと、思ってたよりかなりの急勾配で、まるでジェットコースターで上へ向かってるときみたいなかんじ。どうかどこへも落ちないでください。

とかなんとか思ってるうちに2駅ほど過ぎ、10分もせずに頂上へ到着!駅はビルになってて、外に出るまでの間におみやげ屋さんとかお茶できるようなところが。観光地!っぽい。

夜景をたのしみにウキウキしながら外に出ると...めっちゃ風強い!寒い!想像してなかった寒さでちょっと気分が萎える。でも、、、

nightview_7

この風のおかげでキレイに夜景が見えました♡

調べたところによると、この時期は湿気も増えてきて景色が霞んで見えるって話だったから実はちょっと心配してたんだけど。寒かったけどだいぶいいかんじ!

駅ビル以外にも目の前にスタバがあったり、寒くなったら寒さをしのげる場所もあるから問題なし!

nightview_8

nightview_9

カメラも思わず夜景にピント合わせちゃうレベル。

帰りはタクシーで帰ろうと思ったんだけど、かなりの割増料金を提示されたので仕方なく行きと同じくトラムで。風に吹かれて凍えながら並ぶのはちょっとつらかったけど、案外早く乗れたのでよかったよかった。

夜景堪能コースの感想は、、、

思ってたよりは「ちょー感動!!!」とはならなかったのが本当のところだけど...でも世界三大夜景を制覇するには通らなくてはならない道だったということで。

(何を目指してるのかなぞ。笑)

そんな冗談は置いておいて、せっかく香港に行ったなら見ておいても損はないのかなと思いました。

次回は九龍半島側からの夜景も見てみたいな^^お酒でも飲みながらね!(笑)

1/1

この記事が面白かったら「いいね!」お願いします。

facebookで最新の記事をお届けします。

この記事を書いた人

Ayano
ゴハンとお酒大好き。海外旅行経験は少ないが、コスメが好きで韓国だけは何回も行っている韓国通。

上海蟹のシーズンが終わってようが関係ないっ!食いしん坊の旅。

Ayano

旅に役立つTopics

妄想Tripについて

Mytrip

妄想Tripでは、「妄想して、検証して、旅に出る」をキーワードに、旅に出る前のワクワクや、詳しい人からのアドバイス、実際に行って見たら○○だった!なんて旅行記を掲載しています。その他、旅に役立つTipsや各地域のトピックスも随時更新中です。

TOPに戻る