友達っていうか、デートみたいに案内してもらっちゃった!

ベトナム・ホーチミンの旅の結果:[更新日: 2015.02.06]

友達っていうか、デートみたいに案内してもらっちゃった!のイメージ

そもそもね。

すでに公開している旅行記1日目でも触れてますが、、

今回は一人旅、ということで"Withlocals"っていうサービスを使って現地の友達を作ろう!っていうところから。結局予約したのは、とある男の子がスクーターでサイゴンの街を案内&おいしいもの食べに連れてってくれるっていうプラン。
胸躍らせつつも、英語でのコミュニケーションとちょっと人見知りなところが少し不安...一体どうなったのか!?そんな一部始終をどうぞ!!

胸キュンポイントたまるよー

私が空港についてネットをつなげると、
「無事に着いたかな?17時頃にステイ先に迎えに行くね!もし予定が変わりそうだったら連絡ちょうだい!」
ってメールが来てた。いきなり優しいじゃないか。胸キュン。

初めての国で不安のドキドキと、初めての人に会うドキドキで、完全にこれ"吊り橋効果"のやつか、、!?

待ち合わせの時は笑顔で迎えるのがセオリーらしい

待ち合わせ時間にはすでに待機。えらいでしょ。

*

スクーターが多すぎるし、いつどの方面から来るのかわからないし、そわそわしつつもとりあえずシュッとしたかんじで待ってると...びゅいーーーんと一台のスクーターが近付いてきた!(写真の人ではありません)

Nice to meet you, Luan! ;)

メッセージのやり取りはしてたけど、会うのはもちろんこれが初めて!「世界ウルルン滞在記」のBGMと下條アトムさんのナレーションが頭をよぎる(笑)

簡単な挨拶と、これからどうする?お腹すいてる?的な会話をして早速出発。いまさっき会った人のスクーターのうしろに乗るなんて...む、胸高まる!しかも年下男子だぞ!!

ドライブinサイゴン〜昼間編〜

ここは◯○だよ、とかあそこのお店もおいしいよ、とか教えてもらいながらスクーターで溢れる街中を二人乗りでドライブ!

信号なんてあってないようなものの道はかなりスリリングで、慣れるまではちょっと時間が必要。ここでも吊り橋効果のやつ出ちゃう?

走りながら会話するのも、なんかデートっぽいよね〜

ローカルフードを求めて

1軒目のバインミー屋さんは混雑のため断念、2件目の道端屋台へ。
大学の正門前にあるからか、小皿系のラインナップ。おやつみたい!

*

*

バイクを停めて、夜散歩

公園の近くでバイクを停めて、ここからは少しお散歩。あたりはすっかり夜!

*

*

ベトナムの学生さんは、公園のベンチで座ってる外国人を捕まえては話しかけて勝手に英語のレッスン代わりにしてるんだって!そのバイタリティ、素晴らしい。

Be Localのための練習

ここでLuanが「ひとつレッスンするよ!」と言い出して、何かと思ったら。

「横断歩道を渡る練習だよー!」

なるほど。こんなにスクーターが行き交ってて怖くて道路なんて渡れないわって思ってました。バレてたか。

大事なのは、信号があったとしても左右をちゃんと確認して、渡りながらも注意すること。

*

ベトナムではどこからともなくクラクションを鳴らして向かってくるスクーターが本当に多い!歩道でもふつうに走ってくる。スマホいじりながら歩いた日には、一瞬でひかれます。確実に。私はイヤホンもこわくてできないくらい。

何度か道を渡ったらなんとなくコツがつかめた!!!Luanがジェントルにリードしてくれたおかげかな。テへ。

メインディッシュは南地方の伝統料理

Luanおすすめのお店「Bún đậu khu Kim Liên」へ。
一瞬ほんとにここ?って躊躇するような入り口だけど、2階へ上がってみると素敵なお店!

*

*

南地方の伝統料理が食べれるお店なんだって。店内もレトロちっくでいいかんじ!
絶対に自分ひとりでは見つけられない。ローカルならではのやつ、きましたね〜。

*

そしてそして・・・

1/2

この記事が面白かったら「いいね!」お願いします。

facebookで最新の記事をお届けします。

この記事を書いた人

Ayano
ゴハンとお酒大好き。海外旅行経験は少ないが、コスメが好きで韓国だけは何回も行っている韓国通。

初ベトナムで、しかも一人旅。現地の人と仲良くなりたい!

Ayano

旅に役立つTopics

妄想Tripについて

Mytrip

妄想Tripでは、「妄想して、検証して、旅に出る」をキーワードに、旅に出る前のワクワクや、詳しい人からのアドバイス、実際に行って見たら○○だった!なんて旅行記を掲載しています。その他、旅に役立つTipsや各地域のトピックスも随時更新中です。

TOPに戻る